消防法の1つ|平板載荷試験に重要なのは水平を常に意識することです

平板載荷試験に重要なのは水平を常に意識することです

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

消防法の1つ

ヘルメット

防火対象物点検は消防法の一部として認知されています。この防火対象物点検が義務付けられるのは収納人数が30名以上の建物と決められております。また、特定用途部分が地階又は3階以上に存するもの決められているのです。多くの方が目にするのであれば、特定の建物で収容が300人以上の建物です。これは、百貨店や映画館、病院などが該当します。これは、消防法として定められているのでしっかり守りましょう。防火対象物点検は建物のオーナーなどが、防火対象物点検資格者に点検の依頼をする必要があります。そして、防火対象物点検資格者が防火管理上必要な業務などが基準値に適合しているかを判断します。その後決められた報告書にまとめて記入します。記入したものをまとめた書類を消防長に提出します。その結果、消防法令に適合している場合は点検済証を1年間表示することができるのです。万が一、その点検報告をしなかった場合は、30万円以下の罰金が科されるので気をつけましょう。防火対象物点検資格者は、防火管理者として適任しているかや消化、通報などの訓練を実施しているかなど様々な項目で点検を行います。点検するところは、数多くあり、消防用設備が設置されているかや防火戸の閉鎖に障害となるものが置かれていないかなど安全を第一に点検を行っていくのです。また、防火対象物点検の資格を取得したいのであれば、防火管理者として選任され実務5年以上あれば、受講することができるようになったのです。