TOFT工法|平板載荷試験に重要なのは水平を常に意識することです

平板載荷試験に重要なのは水平を常に意識することです

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

TOFT工法

作業員

液状化は、一見硬そうな地盤が地震の揺れで液体状になることです。その結果、地上の建物や道路などが沈下したり傾いたりしてしまいます。また、水道管が浮き上がり断水する可能性があるなどライフラインへの影響もあるのです。そこで、今後の災害に控えて様々な液状化対策がされています。液状化は実際どこで起こるか予想することはできません。液状化は、3つの要因が揃うことで起こる可能性が高くなるのです。1つ目は、ゆるい砂地盤で、海岸や河口付近などで多くみられます。地盤の硬さは通常の硬さより柔らかいのです。2つ目は地下水の位置で、地下水位が表面から約10m以内であれば、地下水位は浅く液状化が起こりやすいのです。3つ目は大きな地震の揺れで震度5以上で液状化が起こりやすいのです。また揺れている時間長いほど液状化の可能性が高くなるのです。そこで液状化対策として、数多くのシミュレーションが行われています。大型の実験施設で高度な技術を駆使して、街を守るべく実験が日々行われているのです。液状化発生メカニズムの解明して、効果的な対策工法の開発もされています。液状化対策として挙げられるのが、地盤を固化するというTOFT工法です。これは液状化する地盤を全面的に固めるのではなく、格子状に囲むように固化し、格子が変形しないように耐えることで地盤の揺れを軽減させます。そして、液状化を防止するのです。地盤全体を固めるのには多くの時間が必要となりますがこのTOFT工法活用することで液状化対策が可能なのです。