平板載荷試験に重要なのは水平を常に意識することです

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼性の高い試験

模型

平板載荷試験は主な調査対象として、建築物や土木などです。平板載荷試験では、鋼鉄製の円盤を油圧ジャッキで地盤に押し付けて、荷重と沈下の関係が測る試験なのです。地盤の特性を直に読み取ることができるのでとても信頼性の高い試験方法なのです。平板載荷試験の方法は建造物の種類や規模、支持地盤の土層構成などを十分に検討して、代表となる地点を地盤の試験位置を決めて行きます。そして、試験地盤面は載荷板から約1.5メートル以上の範囲を水平にします。しかし、最終的な整形は地盤の変化や乱れを防ぐために試験直前に行い、地盤の状態が変化しないように養成するのです。平板載荷試験を行うにあたって極めて重要なのが常に水平を保つというものです。より正確に測るためにとても重要なことなのです。また、平板載荷試験を行う際には様々な条件が必要です。例えば、計画最大荷重に対して、120%以上の載荷能力持つ重量物であることなどあります。それらのしっかりとした条件が整うことで初めて平板載荷試験が行われるのです。戸建住宅建築の場合では、測定の目的が地盤の指示特性の把握にあるので、一般的に単サイクル方式で行われます。平板載荷試験は様々な場面で必要なのです。平板載荷試験を行わないと地盤の安全を測ることが出来ません。こういった様々な試験を行うことで、安全が確認され安心して生活することができるのです。また平板載荷試験は様々な法のルールがあり、それらに従って行う必要があります。しっかりとした情報収集した上で依頼してみましょう。

消防法の1つ

ヘルメット

防火対象物点検は消防法の一部として建物を取り扱う際に必要です。ちゃんとした防火対象物点検の資格者にしっかりと点検してもらうことで、消防長から認可してもらう必要があるのです。

もっと読む

紹介サービスを利用する

工事

地盤調査を行いたい場合は、専門業者を紹介するサービスを行っている業者に依頼してみましょう。特に初心者の方の場合は丁寧なサポートを受けることができるのでおすすめです。そしてすべてが優良な業者なので安心して依頼することができるのです。

もっと読む

TOFT工法

作業員

液状化対策は、様々な研究所で開発されています。しかし、コストがかかるだけでなく施工の時間も多くかかってしまうのです。現在では、TOFT工法を使って液状化を防ぐ取り組みが各自治体で取り組まれているのです。

もっと読む